花のつくり 全体

 花は、子孫を残すために、シュート(葉と茎)が進化してできたものです。 

シュート 

 1本の茎に葉がついているまとまりをシュートといいます。植物は、シュートに根がついているものであるといえますね。
 花は、このシュートから進化したといわれています。
 花が咲く植物が地上に現れるまでは、シダ植物がさかえていました。ワラビやゼンマイでおなじみの植物です。
 シダ植物は、葉に胞子のうをつくり、ばらまかれた胞子が発芽して前葉体というからだをつくります。
 前葉体では、精子がつくられ、受精します。そのとき、精子が卵にたどり着くためには雨や露(つゆ)の水が必要だったのです。泳いでいくわけですからね。
 ある植物は、雨や露の水にたよらなくても受精できるように、前葉体を葉にのせたまま、花に進化していきました。

  

花葉(かよう)

 シュートについている葉が、それぞれ、めしべ、おしべ、花弁、がく片、包葉などに進化していきました。
 これらの葉を花葉といいます。
 がくの中には、まるで葉のようなものがあります。花びらも葉脈のような細いすじが見えます。
 これらのことは、花が葉から進化してきたことを物語ります。

 ホタルブクロのがくは、
まるで葉のようです。
 ムラサキカタバミの花弁には、
葉脈のようなすじがあります。

   

花のつくり 

 花になるシュートは、一番上の葉を1枚〜数枚めしべに変え、つぎの葉を何枚かおしべに変えていきました。さらに、がく花冠をつくっていきました。
 現在、一般的な花は、左図のようなつくりになっています。もちろん、このとおりにならないものもたくさんあります。
 進化というのは、何億年もの長い年月を経て、進んだりもどったりゆっくりと変化してきたのですから、たいそう複雑なんです。
 花の柄(え)を花柄(かへい)といい、その先端(せんたん)に花托(かたく)があります。この花托の上に、外側から、がく(がく片)、花冠(花弁)、雄しべ、雌しべの順についています。それぞれは、みな葉から進化したものです。
 花柄には包葉(ほうよう)という小さい葉がついています。
 これらの花葉が全部そろっているとは限りません。どれかが欠けている花など、めずらしくありません。タデ科のなかまのように、花弁がなくて、がくが花弁のように美しくなっているものもあります。

   

花柄(かへい)

 シュートの茎が花柄になりました。
 これは、ほかの葉をつける茎とは区別されます。
 子孫を残すための生殖器官である花をつけるための専用の茎なのですから。
  

花托(かたく)

 花托は、それらの花葉を支えるところで、あまり目立ちません。
 変わったところでは、イチゴがおもしろいですよ。イチゴは、花が咲き終わると花托がふくらみ、赤く色づきます。あの食べるところが花托なのです。ゴマみたいなものは、なんと、種子なのです。
   

花床(かしょう)

 頭花の小花をつけるところを花床といいます。
 花托は、1つの花をつけるところであり、花床は、いくつもの小花をつけるところですが、このごろは、どちらも花床という傾向があります。
   

花盤(かばん)

   花托の一部が大きくなってつきだしたものを花盤といいます。
 写真は、ヤブガラシの花ですが、赤くなっているところが花盤です。
 花盤が肥大して子房のまわりをおおっています。
 子房の上に盛り上がるものもあります。
    

頭花:偽花(とうか:ぎか)

   頭花というのは頭状花序のことで、キク科やホシクサ科などに見られます。
 キク科の花を思い起こしてください。
 花を2つにさいてみますと、右上の写真(ヨメナ)のように、小さい花がたくさんならんでいることがわかります。
 その一つをとってみますと、右下の写真のようになります。小花(しょうか)といって、これがほんとうの意味での花なのです。
 キク科の花は、小花を多数つけて1つの花としてまとまっています。
 だから、ほんとうは、小花が集まっている花序なんです。花としてはニセモノです。
 そういう花を偽(ニセ)の花、すなわち、偽花(ぎか)とよんでいるんですよ。
     

包葉(ほうよう)

 きずつきやすいおしべやめしべをつぼみの状態で守るのは包葉の役目でした。一番下の葉が変化したものです。
 しかし、がくがそのはたらきをするようになってからは、包葉の出番はなくなってきます。
 だから、包葉がなくなってしまった植物もたくさんあるんですよ。  
 タンポポのように小さい花がたくさん集まって1つのかたまりになっている場合、それを包み込む包葉は1枚では足りませんね。
 何枚もの包葉ががくのように花を包みこみます。この包葉を総包(そうほう)といいます。
 ドクダミの白い花弁に見えるのも、じつはこの総包だったのです。

 ツユクサの花をつつみこむように
している包葉もあります。
 ドクダミの白い花弁に見える
ものは、総包なのです。
 タンポポのがくに見えるもの、じつは、総包なのです。
inserted by FC2 system