いかんそく 維管束 人間でいえば血管のようなもの。根から吸い上げられた水を運ぶ管と葉でつくられた養分を運ぶ管とがある。
えい イネ科やカヤツリグサ科の花を包むもの。花穎(かえい)。
えんすいかじょ 円錐花序 何回も繰り返し、枝分かれして円錐状になった花序
おしべ 雄しべ 花粉をつくるところの総称。
かかん 花 冠 花弁全体のこと。
がく   花弁の外側にあって、花弁を支えているもの。
かし 花糸 おしべの一部 細い柄(え)の部分。
かじく 花軸 花をつける茎や枝。
かじつ 果実 子房が成長したもの。
かじょ 花 序 花のならび方や花の集まり方をいう。
かたく 花托 花柄の先たん。花葉をつけるところ。
かひ 花被 めしべ、おしべの外側にあるもの。花冠とがくをまとめていう。
かひ 果皮 果実の皮。内果皮や外果皮などがある。 
かひへん 花被片 花被の1枚
かふん 花粉 おしべにあり、オスの核が入っている。
かへい 花柄 花をつける柄(え)。花のすぐ下の枝のようなもの。
かべん 花弁 花びらのこと。1つの花の花弁全部を花冠という。
かよう 花葉 種子をつくるために変化した葉。外側から、がく、花弁、雄しべ、雌しべになり、これら全体を花葉という。
かん イチゴツナギ目(イネ目)の茎のこと。タケのように中は空洞で節がある。タケもイチゴツナギ目のなかまである。
きょ 花弁やおしべのうしろにつきでた部分。ふくろ状になっている。
きょし 鋸歯 葉のへりのギザギザ(切れこみ)。
ごうべんか 合弁花 アサガオのように花弁がつながっている花。離弁花から進化した。
こうぼんじょう 高盆状 花冠の一種
こんけい 根 茎 地下茎の一種 土の中で根のように見える茎
こんせい 根 生 葉のつき方。根から葉(根生葉)が放射状につき、その中心からのびた茎からは茎葉がつく。
ごせい 互 生 葉のつき方。1節に1枚ずつ、たがいちがいにつく。
さくか さく果 裂果の1種で、熟すとたてにさけ、種子をはじき出す果実
さゆうそうしょう 左右相称 花冠の型 左右がカガミに写したように対称になった花冠の形。
さんけい 散形花序 花序の一種
さんしゅつじょう 3出状 花序の一種
さんぼう 散房花序 花序の一種
しゃじょう 車状花冠 花弁が車状についている花冠
しょうじょう 鐘 状 釣り鐘形の花冠
しぼう 子房 めしべの下部のふくらんだところ。将来果実になる。中に胚珠がある。
しゅうさん 集散花序 花序の一種
じゅうれつやく 縦裂やく やく室がたてにさけ、花粉をはき出すやく。
じゅせい   受精 花粉(オス)の核と胚珠の中の卵(メス)の核がとけあって、1つの核になること。花粉と卵は、親からそれぞれ半分の遺伝子をもらっている。いっしょになることで、1つの生命が誕生することになる。
じゅふん 受粉 柱頭に花粉がつくこと
しょうすい 小穂 イネ科やカヤツリグサ科の花序
しんぴ 心皮 めしべをつくる花葉(かよう)
すいじょう 穂状花序 花序の一種
ぜつじょうか 舌状花 花弁がつながり一方にのびて舌状になった花
せんもう 腺毛 みつや粘液などを出す毛
そうか そう果 果皮がうすく、種子にはりついて1つになった果実
そうじょう 総状花序 花序の一種
そうほう 総包 花序の基部に包葉が密着したもの キク科、セリ科、トウダイグサ科など
たいせい 対 生 葉のつき方。葉が茎を軸に向かい合い、ペアになったつき方
たくよう 托 葉 葉柄のつけ根についている小さな葉。まれに葉身より大きいものもある
たんせい 単生花序 花序の一種 花軸上に1花つけるもの
たんよう 単 葉 葉身が分裂していない葉。→複葉
ちゅうとう 柱頭 めしべの先のところ。 花粉がつくところ
ちゅうばいか 虫媒花 虫に花粉をはこんでもらい受粉する花
つぼじょうたい 壷状体 包が壷の形になったもの。中に花が入っている。
ていじちゃくやく 丁字着やく 花糸に丁字形についているやく。
とうじょうか 筒状花 花弁がつながって筒状になった花。
とうじょうかじょ 頭状花序 花序の一種
にくすいかじょ 肉穂花序 多肉状になった穂状花序
のぎ   穎(えい)につく細長くとがったもの。
はい 種子の中にあり、将来、葉・茎・根になる幼体。
はいしゅ 胚珠 将来種子になるところ。子房の中にある。
はいにゅう 胚乳 種子の中にある組織で、胚が発芽するときの養分になる。
ふうばいか    風媒花 風に花粉をはこんでもらい受粉する花。
ふくよう 複 葉 葉身が分裂し、何枚もの葉のように見える。
ふぞくたい   付属体 特に名前をつけるほどではないものの呼び方。
へいこうみゃく 平行脈 葉脈が平行になっているもの。
花柄がなく、花が花軸に直接ついたもの。(穂状花序)
ほう、ほうよう 包、包葉 花柄の根元にある葉。たくさんの小さい花をたばねているものもある。がくとまちがいやすい。タンポポのがくに見えるところも包である。
ほうしゃそうしょう 放射相称 花冠の型 花弁が放射状になっているもの。
ほふくがた ほふく型 生育型の一つ 腹ばい状態に広がる。
みつひょう 蜜標 昆虫に蜜のありかを知らせるための花冠にある模様。カタクリが有名。
むかご   葉柄のつけねについた球状の芽。地上に落ちて、発芽し、ふえる。
めしべ 雌しべ 花の中央にあって、種子をつくるところの総称。
もうじょうみゃく 網状脈 網の目のような模様の葉脈
やく 雄しべの頭にあり、花粉が入っている。
やくかく やく隔 おしべの組織 2つの葯室の境(さかい) 花糸につながっている
ようしょう 葉鞘 葉のつけ根の部分が刀のさやのようになったもの。
ようしん 葉 身 葉の平べったい部分。
ようぜつ 葉舌 葉身と葉鞘の境にある舌の形をしたもの。
ようへい 葉 柄 葉の柄(え)の部分
ようみゃく 葉 脈 葉の筋
ランナー   地表に接し発根するつるのようにのびた茎。
りべんか 離弁花 花弁が1枚1枚はなれている花。または、花弁がない花。「イヌタデ」を参照してください。
りょうせいか 両性花 1つの花に雄しべと雌しべの両方がある花。(雄花、雌花に対していう)
りんけい 鱗茎 タマネギのように、地下部の茎に養分を蓄えた鱗片形の葉がとりまいたもの
りんせい 輪 生 葉のつき方。茎を中心に輪のようにとりまくつき方。
れっか 裂果 熟すとさけて種子をはじき出す果実
ろうとじょう 漏斗状 漏斗形の花冠
ろぜっと ロゼット 互生の1種。茎が極端に短く、根もとから葉が地表へ放射状に広がる。(例;タンポポ)
inserted by FC2 system