学名  Canna generalis Bailey 

 カンナ科の祖先は、今からおよそ6,800万年前の誕生で、ゴクラクチョウカ科から分かれた可能性が高いようです。
 カンナ科には、カンナ属しかありません。
 花の色は、もともとは赤色のようです。現在、改良が加えられ、赤色、黄色、オレンジ色、白色など、いろいろあるようです。 

  

 カンナは、日本では花壇(かだん)に植えられる花ですが、大きいので、公園とか施設の花壇などに植えられることがほとんどです。ハナカンナと呼ばれています。 
 このごろでは、プランターや鉢植えにできる背の低い種類や、種子から育てるものも出ているようです。

 

inserted by FC2 system