学名  Chamaerops humilis L.
 チャボトウジュロのチャボは、小さいものを表しています。
 トウジュロより小さいトウジュロということです。
 といっても、小石川植物園のチャボトウジュロは、けっこう大きかったです。
 他のシュロのなかまと大きく異なっているところは、幹の基部から枝分かれしていることです。
 小さいから鉢植えにすることがあります。

 

 葉の柄を葉柄といいます。
 チャボトウジュロの葉柄には、葉の両辺にノコギリのような鋭いトゲがあります。
 黄色い花が咲いています。
 雌雄異株で雌株には雌花と両性花が咲くそうです。
 これは雄花でしょうか?

 

 包に包まれた花序が出てきました。

 

 遠くから撮影したので、これが精一杯のところです。
 




inserted by FC2 system