学名  Oxalis corymbosa DC.
 カタバミにはいくつかの種類がありますが、よく目にするのが、小さな黄色の花が咲くふつうのカタバミとこのムラサキカタバミです。
 園芸種にオキザリスというのがありますが、カタバミの属名からとった名前で、ムラサキカタバミを品種改良したものです。カタバミに比べて花が大きく見ごたえがあります。

 

 こちらは、ふつうのカタバミです。
 花も葉も、ムラサキカタバミに比べて小さいです。
 8ページで葉の大きさを比較しています。
 カタバミは、地下茎が地上に出たようなほふく茎(ストロン)という特別な茎を地上にはわせ、地面に接したところから根を出し子株(ラメット)をつくります。イチゴやシバと同じですね。
 ムラサキカタバミにはストロンはありません。

 

inserted by FC2 system