学名 Iris japonica Thunb.

 庭などに植えられる栽培種(さいばいしゅ)ですが、繁殖力(はんしょくりょく)が強く野生化しています。
 シャガなんて変な名前ですね。中国名の「射干」を読んだものです。
 ところが、この漢字の名前は、ほんとうはヒオオギのことなんです。どこでどうまちがえたのでしょうね。
 ヒオウギもアヤメ科で、葉の形が似ているからでしょうか?このような葉はアヤメ科には多いですから。

 

 

 右の写真がヒオウギです。静岡市中島の下水処理場にあるビオトープで育てているものです。似ていますか?
 ヒオウギの葉と似ているからまちがえたとすると、むかしの人は、よほど、そそっかしかったのですね。
 でも、まちがいがそのままとおってしまい、訂正もできない。考えてみると、なんとおそろしいことなんでしょう。

 







inserted by FC2 system