学名  Mazus japonicus (Thunb. ex Murray) O. Kuntze
 「トキワ」は常磐と書きます。いつも変わらないという意味で、春から秋まで花をつけていることから、こうよばれるらしい。
 常盤木(ときわぎ)という言葉もある。落ち葉にならず、一年中葉をつけている木のことです。
 「ハゼ」は、実がはぜることを表す言葉です。ハゼランを参考に見てください。
 トキワハゼとよく似たものに、ムラサキサギゴケ、アゼトウガラシ、 ウリクササギゴケ、 ムラサキサギゴケなどがあります。 どこがちがうのか比較しながら調べていきましょう。

 

トキワハゼ ウリクサ スズメノトウガラシ
 花の形はよくにていますが、よく見ると、ちょっとちがいますね。

 

inserted by FC2 system