学名  Zoysia japonica Steud. 
 ツボスミレは、どこにでも生えているスミレです。ツボは、坪とも壺とも書かれますが、建物や垣根に囲まれた場所のことをいいます。 
 だから、「庭に咲いているような身近なスミレ」というような意味なのでしょう。スミレの中では、最も小さな花で、あまり目立ちません。
 スミレの名前は、大工さんが使う線引きの道具からきています。(すみ)が入っているから墨入(すみい)れというんでしょうね。

 

 スミレの花は、たいへん特徴があります。
 花弁は5枚で、上に上弁というのが2枚あります。色は白で、模様はないか、あまり目立たないかです。
 左右に側弁が2枚あります。側弁には、赤いすじ(脈)が見えます。
 側弁の基部には、細かい毛が生えています。スミレの検索では、この毛の有無がポイントの1つになります。
 下の唇弁は一番大きく、すじ模様もはっきりしています。
 この唇弁には、大きな秘密がかくされています。

 

  







inserted by FC2 system